会長テーマ「多様性こそ力」

クラブスローガン
「多様化するニーズに応えるアクティビティ」

 

会長所信

1、多様性に富んだ奉仕のかたち
 昨今、出生、国籍、性別を問わない生き方、暮らし方が進み、地域の奉仕の要望も様々です。10年後のクラブ存続を確かにするため、多様化するニーズに答えていく必要があり、そのニーズを吸収する手法のひとつに、行政との連携があります。積極的に市政に協力しながら自分たちの声を届けていくことで、クラブの名が知れ渡り、新会員の増強にもつながります。
 そしてこの度の新型コロナウィルスの影響を考えると、ますます不登校の子ども達が増えると思われます。親と子に向けた青少年健全育成のためのアクティビティを新しく創造し、行政に継続した提言を行うことが、地域に根差したクラブの使命だと考えます。今こそ新しい奉仕のかたちを見いだし、チャレンジしていくことが必要です。

2、多様化するメンバーの意識
 入会のきっかけや目的、クラブでの奉仕の取り組み方も多様化していますが、ライオンの品格と誇り高い組織づくりは継続しなければなりません。まずは例会へ出席していただくことで、民主的な会議手法を学び、積極的な討論は自分と異なる意見に気づくことになります。そして他メンバーへの理解を深めることで友情を育み、自己の成長の糧となります。
 またこの度の緊急事態宣言の経験から、安全で新しいコミュニケーションの取り方と会議スタイルを学びました。オンラインシステムを上手に活用することで、遠隔地との物理的な距離を無くすことができ、精神的な人と人のつながりと、実際に会って話すことが貴重なことにあらためて気付かされました。今後も発展する技術を活用し、メンバー内でコミュニケーションを図りたいと考えます。

 結びに、二年連続で会長職をお預かりしますが、三役の若い力を生かしクラブ運営に邁進いたしますので、お力添えのほどよろしくお願い申し上げます。

2020~2021 川越つばさライオンズクラブ
会長 L.都丸真理